「食」の問題の解決に向けて、みんなでアクションする1ヵ月。
「世界食料デー」月間2017 10/1-31

大きな地図の上で世界を体感
 「食べることから世界を見ると?」

vol.02イベントレポート

主催:ハンガー・フリー・ワールド
日時:2009年10月25日(日)
場所:東京・東日本橋

10月25日に「食べることから世界を見ると?」が開催され、18名が参加しました。
世界の飢餓と日本の私たちとのつながりについて考えてもらおうと企画したものです。

ゲームと食事を通して食料問題を考える

前半はエンディング・ハンガー・ゲームという5×10メートルの世界地図の上で世界の現状を体感するゲームを実施しました。12の国や地域に分かれ、現実の世界と同じ不平等な比率に配分されたおもちゃの食べ物やお金、軍事力などのカードを他の国と交換しあい、飢餓のない平等な世界を目指しました。

後半は会場に隣接するカフェで有機野菜をたっぷりと使った食事を食べながら、ゲームの感想を話しました。ゲームで感じた世界の不平等な現状やそれを解決することの難しさ、また、食べ物を大量に廃棄している私たちの食生活とのつながりなど、和やかな雰囲気の中で積極的に意見交換が行われました。世界の現状を変えるために日本にいる私たちに何ができるのか、考えるきっかけになったようです。

イベントレポート アーカイブ

ページtopへ