「食」の問題の解決に向けて、みんなでアクションする1ヵ月。
「世界食料デー」月間2018 10/1-31

全国のイベント情報

セミナー、ワークショップ、ボランティア体験など。興味のあるイベントを見つけて、お気軽にご参加ください。
※イベントの詳細は主催団体にお問い合わせください

Pick Up!

7/21開催
「世界食料デー」月間2018 プレイベント 中高生のための食料フォーラム

全国キャンペーン

この地域でのイベント情報が届き次第、掲載します。

北海道・東北

この地域でのイベント情報が届き次第、掲載します。

関東

Study

「世界食料デー」月間2018 プレイベント 中高生のための食料フォーラム

「世界食料デー」月間の事前企画(プレイベント)として、中高生を対象にして、食の問題について学び、その解決に向けて 一人ひとりが行えることを考えるフォーラムを、国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所と食に関わるNGO、横浜市が共同で開催することになりました。世界の食の問題について何かしたい、一歩を踏み出したい、そんな中高生のみなさんのご参加をお待ちしています。

【日時】7月21日(土)10:00~17:00(受付09:30~)
【場所】JICA横浜(横浜市中区新港2-3-1)
【アクセス】JR桜木町駅及び関内駅から徒歩15分 みなとみらい線馬車道駅から徒歩8分地図
【対象】食料問題に関心のある中高生、食料問題の解決を目指す中高生*小学生高学年も参加可能です。ご相談ください。
【定員】30名
【参加費】無料
【共催】「世界食料デー」月間2018、横浜市資源循環局

【プログラム(予定)】
10:00-10:20 オープニング
       総合司会[終日]・ファシリテーター
       鈴木 洋一(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン ユースエンゲージメント・アドバイザー)
10:20-10:40 アイスブレイキング ‐仲間を知ろう‐
10:40-11:00  ブレインストーミング‐食とのつながりを考える‐
11:00-12:30 講演「私たちの日常と食」と振り返り
       岡部 桂子(国連食糧農業機関駐日連絡事務所 広報官)
       儘田 由香(ハンガー・フリー・ワールド 国内活動担当)
12:30-13:30 昼食休憩 *昼食はご持参いただくか、施設内のカフェをご利用ください。
13:30-13:45 セルフケア
13:45-14:15 クロストーク「私が活動を続ける理由」
       江口 洋人(横浜市資源循環局政策調整部3R推進課 課長)
       伊藤菜々美(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 子ども活動応援事業リーダー)
14:15-15:00 グループディスカッション「Why-思い-を分かち合う」
15:00-15:15 休憩
15:15-16:30 クリエイティブ・ワークショップ‐学びを創造的に振り返る‐
16:30-17:00 クロージング

【申し込み】こちらに必要事項を記入の上、お申し込みください。(当日受付も可。但し定員に達し次第締め切りますので、お越しになる前にウェブサイトをご確認ください)
【お問い合わせ】「世界食料デー」月間2018呼びかけ団体 フリー・ザ・チルドレンジャパン(担当:鈴木)
Email:yoichi@ftcj.com TEL:03-6321-8948

Study

連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2018年度第1回
どうなっているの?日本の農業とタネの話

日本で農業政策の新自由主義化がめざされ、大規模化や企業化が進むようになりました。そうした流れのなかで農業の大規模化に異議を唱える「小農学会」が設立されるなど対抗運動も生まれています。大地と人間をつなぐタネも種子法が廃止され、日本の食べ物の根幹を支えるタネの世界にも影響が及んでいます。いのちを生み出す農の世界はどうなっているのでしょう?タネや小農をキーワードに農家の松平さんとともに考えます。

【日時・場所】
 日時:2018年7月22日(日)16:00~18:00(受付15:30~)
 場所:日本国際ボランティアセンター(東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6階)
【定員】20名
【資料代】500円 *共催団体会員は無料
【共催】アフリカ日本協議会(AJF)、日本国際ボランティアセンター(JVC)、オックスファム・ジャパン、明治学院大学国際平和研究所(PRIME)、ハンガー・フリー・ワールド
【講師プロフィール】
 松平 尚也さん
1974年生まれ。1995年にAMネット立ち上げに関わり、現在代表理事。WTO等の会議に参加し、グローバルな農の問題に関わりつつ2010年に就農。耕し歌ふぁーむという農場を設立。伝統野菜等の宅配事業の傍ら、京都大学農学研究科で小規模農業について農家の視点から研究している。共著に「畑とつながる暮らしかた(2012年)」「どうなっているの日本と世界の水事情(2007年)」等。

【参加申し込み・お問い合わせ】件名を、「食べものの危機を考えるセミナー第1回申し込み」として、メール(saito@ajf.gr.jp)でお申し込みください。(担当:アフリカ日本協議会 斉藤)
※セミナー後に会場で1時間程度、講師を囲んでの懇親会を開催いたします。こちらは事前申し込み不要ですが、ぜひご参加ください。

Action

学ぼう!伝えよう!世界の「食料問題」~【学生向け】ファシリテーション研修~

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)では、食料の問題を伝え、一緒に広めてくれる人を募集します。全2回の研修を通して世界の「食」の問題をさらに深く学び、人に効果的に伝える方法を身につけられるよう、職員がサポートします。10月は「世界食料デー」月間。ぜひその機会に世界の「食料問題」の解決のために一緒に活動しませんか。詳細

【日時】研修 8月4日(土)10:00~18:00 8月25日(土)13:00~17:00 成果報告会 11月18日(日)13:00~17:00
【場所】ハンガー・フリー・ワールド事務所(東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階)
【概要】世界の「食料問題」やワークショップ「『いただきます』と『ごちそうさま』をありがとう」の実践方法を学び、実際に企画し実践していただきます。
【対象】・全国の高校生、大学生、専門学生
・「飢餓」「世界の食料問題」などに興味がある人
・研修と成果報告会に参加でき、10月1日(月)~31日(水)に飢餓を伝えるアクションを実施できる人
(HFWに講演依頼をしている学校や活動説明会など、実践の機会はHFWでも提供します)
※以上のすべての条件に当てはまる人
【定員】20名
【参加費】無料
【締め切り】8月1日(水)
【主催】ハンガー・フリー・ワールド

【お申し込み・お問い合わせ】
メールでinfo@hungerfree.netまでお申し込みください。(担当:四元)
件名を「学生向けファシリテーション研修申し込み」とし、(1)お名前、(2)学校名、学年、(3)応募のきっかけ(200字程度)をお書きください。

中部

この地域でのイベント情報が届き次第、掲載します。

近畿

この地域でのイベント情報が届き次第、掲載します。

中国・四国

この地域でのイベント情報が届き次第、掲載します。

九州・沖縄

この地域でのイベント情報が届き次第、掲載します。

終了したイベント一覧

06/28
「世界食料デー」月間2018 プレイベント 「ゼロ・ハンガー」に向けたアクションを考えよう!
05/20
第2回食育プチマルシェ&食育ミニ映画祭

ページtopへ